CADを導入するには

さて企業という大きな単位で、特定のサービスを導入することがあります。このCADについても、様々な企業が導入し、作業の効率化やコストの削減、利益の算出などに貢献しています。主にどういった企業が導入しているのでしょうか。

主に、先ほど挙げたような、建設、デザイン、設計における企業が導入しています。より多く用いられている現場としては建設現場がありますが、ある会社は、3D(3次元)での設計ができるCADを会社単位で大々的に導入し、組織としての生産性を向上することや、他の会社との競争力が強化されたことなど、より多くのメリットを生んでいます。

また、最新技術である、3Dプリンタとの同時活用によって、新しいかたちを追求しているところもあります。考えようによっては、非常に多様な活用ができ、それが直接的にコスト削減などのメリットに繋がるということを、実際の実例からも考えることが出来れば、それを導入するメリットについて、それがより高いということが分かります。

実際にCADを導入するには、費用のことを考える必要があります。例えばAUTO CADを新規で導入する場合、いわゆる『サブスクリプション』という形式であれば、1年契約で約25万円の費用となります。