AUTO CADの基本知識

さて、そもそも『CAD』や『AUTO CAD』を用いたことがない、という方は、それがどういったものであるかについて知らないかもしれません。さきほど説明したように、これは製図や設計を行うためのツールです。基本は2D、または3Dの作図をするために用いられます。

例えば、住宅の設計図を作成するとき、以前は手書きで設計図を書き込んでいました。もちろん、それでも問題が無い事は無いのですが、今から見ると非常に効率の悪い作成方法である、と言えます。実際に以前は手書きが普通でしたから、そのままCADの用い方を覚えることが出来ずに仕事をしている方もおられます。

しかし、現代においてCAD等で作成されたデータを活用することは、いえ、それができるということは、必須とも言えるかもしれません。そして、実際にそれが現場で作成、活用する人が求められているという点も、確かです。個人の請負で使用している方もおられますが、その多くの用途は企業におけるものでしょう。

さて、個人であれば一台のパソコンやタブレット等の端末に導入すれば良いものを、企業など多くの人が用いる場面では、どのようにまとめて導入することができるのでしょうか。次のページではその点について扱います。